吉祥来福
西野神社 吉祥来福

戌

いぬはお産が軽く安産の象徴とされる。又いつも外敵に備へ災難には大きな声をあげ、早く人々に知らせる大事な役割を持っています。

戌年生まれ

画像切り替え

戌の年に生るる人は一代の守本尊阿弥陀如来なり。此人は前生にて赤帝の御子なり。北斗のろくそん星より米2石と金子8貫目を受得て今生へ生る。天性(うまれつき)心軽々しく朋友の交りより若年の問は身上浮しづみ度々変わる事有。中年過てより他人の財宝を招き得て身上繁昌すべし。夫婦の縁は初めは崇り、後に智恵ある妻を持つべし。縁は3人ありて1人の力を得べし。又子孫に名を顕す者あるべし。此生れは手の芸はなりがたし。故に商人となりてよし。28~9才にて大に災難あり。68~9才にて命危し。命は73~4才にて終るべし。毘沙門は寿命を守り観音は福徳を与へ賜う。善賢は智恵を授賜う。一代の内よくよく信じ祈るべし。

一説に日戌の年の生れは勇気にして心正し財禄おのづから聚り饒なり。但しおもひ立つ事一度は成就し一度は成がたし。商人職人は貴人に愛せられ福分つよし。

開運招福縁起十二支朱印

▲ このページの一番上に戻る

西野神社