吉祥来福
西野神社 吉祥来福

丑

うしは農業の神さまで、人間の生命の基である米を沢山作ってくれます。

人々との付き合いも古く、平和を愛するものです。

丑年生まれ

画像切り替え

丑の年に生る々人は一代の守本尊虚空蔵菩薩なり。此人前生は赤帝の御子なり。北斗のこもん星より米1石5斗と金子6貴目を受けて今生へ生る。うまれつき才気ありて弁舌よく応対事をよくす。万事にさとく細工事に器用なり。夫婦の縁初めはたたり離別する事あり。身上初めよく中年に衰え中年過より又仕合なほり老て富貴繁昌とはなるべし。子は4人あれども2人は短命にて先立事あり。老て一人の子の力を得べし。18才にて命あやふき事あり慎みてよし。命は73才にて死すべし。釈迦如来は寿命を守りたまふ。普賢は福徳をあたへ賜ふ。文珠は智恵をさづけたまふ。いづれも一代のうち信心してよし。

一説に日丑の年の生れは父母に孝あり貴人にちかづき衣食つくる事なし。生れ付力つよく心しづかなり。18才の頃禍ひにあふ。善事をなせばまぬがれて天命をたもつべし。

開運招福縁起十二支朱印

▲ このページの一番上に戻る

西野神社