吉祥来福
西野神社 吉祥来福

子

ねずみは俵を抱いている図が多く、米は石高といって財産を意味します。

財産を守るのが上手で、あまねく人々に、守る方法を教えてくれます。

子年生まれ

画像切り替え

子の年に生る々人は一代の守本尊千手観音也。此人前生にては黒帝の御子也。北斗のとんらく星より白米1石2斗と金子5貫目をうけ得て今世へ生る。前生にて死罪に行はるる人を助けたる功徳にて今生にて衣食に縁有。此人つねに閑静なる所に住事を好む。又子は損虫(んちゅう)とて人より悪(にく)みをうくる事有。慎みてよし。夫婦の縁は初の縁はかわり後の縁定まるべし。子は4人ありて2人の力を得る也。25才よリ前は身上妨げ」ありて苦労多し。年よるほど豊かに成べし。命は73才か又は83才にて終るべし。妙見は寿命を守り弥勒は智恵をさづけ勢至ぼさつは福徳をあたへ賜う。一代のうちよくよく信心すべし。

一説に日子の年の生れは君子は位進み小人は財宝をたもつ。但し生れつき性急なり。29才にて禍あり慎めばよし。

開運招福縁起十二支朱印

▲ このページの一番上に戻る

西野神社