西野神社   西野神社崇敬会

 


お祭りの提灯の櫓組み立て作業

総代とは、その神社の氏子を代表する人たちのことで、宮司に協力して神社の尊厳を護持し、祭祀の厳修や神社の適正な運営に寄与することを責務としています。

神社本庁憲章では「神社の祭祀、信仰、伝統の保持振興について宮司に協力する者」、神社本庁庁規では「神社の運営について、役員を助け、宮司に協力する者」と、それぞれ総代を定義しており、簡単にいうと総代とは、神職以外の者でその神社の信者(氏子・崇敬者)を代表する者で、氏子や崇敬者に対して便宜をはかる神社の世話人的な役といえます。

現在、西野神社にはおよそ30名の総代がおり、日々神社の護持に務めています。

■1月、正月
年末から年始にかけては、境内の除雪、清掃、かがり火の準備等を行います。また、元日は交代で授与所に詰め、参拝者に御神酒や甘酒を振舞います。

■1月、どんど焼き
1月のどんど焼きのときには、神社に納められた古い注連縄、注連飾り、神札などを仕分けします。

■5月、総会
総代たちにより構成されている総代会は、毎年4月25日(春祭りの日)に総会を開いています。

■7月、総代・町内会長合同会議
9月の秋祭りに向けて、毎年7月、総代と町内会長さんたちとの合同会議が開かれます。
■9月、寄付金集め
総代は自分の担当する区域内の各家庭、店舗、事務所等をまわり、秋祭りに向けての寄付を募ります。
■9月、秋祭り
9月の秋まつりでは、総代たちは神輿のお供又境内の清掃、飾り付け、テントや掲示板の設営等、裏方として様々な形で神社のバックアップを行います。この写真では、寄付芳名簿掲示板作成作業をしています。
■12月、大麻頒布
各家庭をまわり、大麻(伊勢神宮のおふだ)を頒布します。
■その他、神社の祭典、行事に参加。
    ▲ このページの一番上に戻る