人生のまつり

霊祭

・霊祭

帰家祭以後仮の御霊舎(みたまや)から祖霊舎(それいしゃ)に合祀するまでを「霊前祭」(れいぜんさい)、祖霊舎に合祀してからを「祖霊祭」(それいさい)とする。

霊前祭

日々残された家族や、子孫のしあわせをお守りいただく御霊が、幽冥(かくりよ)の御祖先と共に安らかに鎮まりますことを祈る祭儀で、残された家族の大切な勤めである。

一、翌日祭(よくじつさい)
葬儀の翌日に行なわれる霊祭。最近は省略されることが多いようです。
二、毎十日祭(まいとうかさい)
亡くなった日から十日ごとに行なわれる霊祭。十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭があり、生前の故人を偲び、御霊の安寧を祈る祭儀。
霊前へのお供えは、霊璽を祖霊舎に合祀するまでは霊前に毎朝夕の二度常饌(日常の好んだ食物)あるいは生饌(米、塩、水)を供えます。特に五十日祭と一年祭を重くし一年祭はさらに丁重にします。
五十日祭(或いは百日祭、一年祭)が過ぎると祓いのあと御霊は霊舎に遷され、祖霊の御霊があれば合祀祭を行う。
これが済めば神棚、祖霊舎の前の白紙を取り除き神社への拝礼も普通通りにします。

祖霊祭

一、百日祭以降
霊舎 一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、あと十年ごとに五十年祭まで。
二、
御霊舎、祖霊舎に納められた御霊は家族の最も身近な祖霊として節目節目の祭儀はもちろん日々の生活を共し、毎月一日、十五日は月の節目としてお供えを一段と丁寧にする。
祥月命日に行われる正辰祭(せいしんさい)は家族そろって拝礼し春分の日、秋分の日(彼岸)にも墓参など祖先の御霊に追慕の誠を捧げ、其の御加護を祈る。

饌の供え方

饌

饌の供え方は下記のとおりですが、只並べ方品目にこだわるのではなく、故人が生前好んだもの、到来物、季節の物など真心込めてお供えいたしましょう。

饌の例 饌の供え方図

玉串奉奠の作法

  1. 玉串の枝の根元を右に枝先を左にして受けとり左手で下から捧げるように持ちます。
  2. 祭壇前にある玉串案に進みます。
  3. 玉串をかるく目の高さまで捧げ右回りで回転させて持ちかえます。
  4. 根元を祭壇に向けておきます。
  5. 祭壇を向いたまま二礼し、二拍手(音をたてない)一礼し下がります。
    (五十日祭から拍手は音をたてます。)

服忌

・服忌

「服」とは喪服を着ることつまり喪に服すること、「忌」は人の死を畏れ忌むことを意味しまし、ご家族が亡くなったとき、一定の期間、身を慎みます。この期間中を「服忌」「忌服」と言い、神社への参拝、祭りごとへの参加、お祝い事等を遠慮するのが一般的です。

その期間は、ご自身と、亡くなった方との血縁がどうであったかによって、変わります。地域の習慣もありますが、下表をご参考にして下さい。

  1. 父母・夫・妻・子 ……………………………………………………… 五十日
  2. 祖父母・孫・兄弟・姉妹 ……………………………………………… 三十日
  3. 曾祖母・曾孫・甥・姪・叔父・叔母 …………………………………… 十日
  4. その他の親族 ……………………………………………………………… 三日
  5. 特に親しい友人知人 ……………………………………………………… 二日
  6. 配偶者に親族については、前項を一項ずつ繰り下げたに日数による。
    但し前項エオについては服さない。
  7. 本葬・社葬などが右の期間を過ぎて行われた場合は、更にその当日のみ服する。
《家庭の神棚について》
ご家族等がなくなったとき、その日より忌中の間は、神棚に白布や半紙を掛け、お供えや参拝はしばらく遠慮します。また、この期間が過ぎていれば、新年の新しいお札をお受けになってもかまいません。
《神社の参拝》
この期間中は、神社境内への進入また地域における祭礼行事などへの参加を遠慮する。
※上記立場上やむなく参加の場合は、忌明けの祓いを受ける。
《お正月について》
ご家族等が亡くなったとき、年末年始のご挨拶、年賀状は遠慮するのが一般的です。また、門松、しめ飾りなどもお飾りしません。
ただし、亡くなってから50日以上を経過している場合等は、門松、しめ飾りをお飾りしてもかまわないでしょう。その際は、例年より控えめにするのがよいでしょう。

※ここでは、西野神社の葬儀に関して記載しましたが、地域の習慣により違いがあることをご理解下さい。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社