人生のまつり

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法

  1. 玉串の根もとを右手で上から包むように持ち、左手で枝の葉を支えるように持ちます。
  2. 祭壇の前に進み一礼します。
  3. 葉の先が手前に向くように、玉串の向きを変えます。
  4. 左右の手を持ち変えて、根もとが御霊前を向くように時計回りに回します。
  5. 玉串案(玉串を乗せる台)に供え、正面を向いたまま一歩下がり、二拝二柏手一拝します。(二拍手はしのび手で行います)

しのび手

会葬者は玉串奉奠をしてから一歩下がり、二礼・二拍手(かしわで)・一礼という礼拝を行います。二回頭を下げ、二回かしわ手を打ち、再び一礼します。かしわ手を打つとき、両手を軽く合わせ、静かに打ちます。これがしのび手です。

▲ このページの一番上に戻る