人生のまつり

通夜祭(つうやさい)の式次第

喪主・遺族の着席
喪主・遺族、親戚、参列者が着席します。
齋主以下祭員着席
通夜祭・葬儀を司る斎主が着席し、続いて副斎主、斎員が着席します。
開会の辞
進行役が「ただいまより故○○殿の葬場祭を執り行います」と挨拶をします。
修祓(しゅばつ)
祭場、参列者、供物などを祓い清める儀式です。これを修祓と言います。お祓いを受けるとき、参列者は頭を下げてこれを受けます。
喪主一拝(もしゅいっぱい)
喪主が遺体に拝礼し、参列者も喪主に習って拝礼します。
対揖(たいゆう)
齋主が喪主に通夜祭齋行の旨を告げる。
遷霊詞奏上
斎主が遷霊の詞を奏上します。
遷霊の儀(せんれいのぎ)
明かりを消す
式場の明かりを消します。
遷霊(せんれい)
霊魂に霊璽にお遷り戴く。
霊璽安置(みたましろあんち)
霊魂が遷った霊璽を祭壇に安置した仮霊舎に納めます。
明かりをつける
式場の明かりをつけます。
献饌(けんせん)
祭員が饌を供します。饌とは、供物のことで、米、酒、塩、水餅、卵、魚、乾物、野菜、果物、菓子などがあります。
饗饌(きょうせん)
生前故人が好んだ品々を遺族代表の手によりお供えします。
霊魂安定詞奏上(れいこんあんていしそうじょう)
通夜祭詞奏上(つうやさいしそうじょう)
齋主が故人を偲び祭詞を奏上します。
喪主参列者玉串拝礼(もしゅさんれつしゃたまぐしはいれい)
喪主、遺族、親戚の順に全員が玉串を奉奠します。
齋主祭員玉串拝礼(さいしゅさいいんたまぐしはいれい)
齋主祭員が玉串をささげます。
撤饌(てつせん)
祭員が饌を撤します。
対揖(たいゆう)
齋主が喪主に通夜祭終了を告げる。
喪主一拝(もしゅいっぱい)
喪主が遺体に拝礼し、全員が喪主に習って拝礼します。
齋主祭員退下(さいしゅさいいんたいげ)
葬儀委員長挨拶
閉会の辞

▲ このページの一番上に戻る