人生のまつり

神葬祭

神葬祭

核家族化の現代とはいえ、私たち日本人の家庭にはその多くに祖先をまつる祭壇があります。大多数は「仏壇」ですが、神道では「祖霊舎(それいしゃ・みたまや)」とよび、形式こそ違え、そこにあるのは「祖先をまつる信仰」といえます。そして自分の代りに祖先の伝統を守り、祀る事で祖先から守られると考え、自分も祖先の仲間入りをして子孫を守っていこうとする。

つまり人の命は神や祖先から頂くものであり人が死に至ったときには、御霊は神や祖霊の許へと導かれると共に霊璽(れいじ)に遷霊され家々の御祖先の祖霊舎に祀られ、一家の守護神となり日夜子孫を見守り、子孫の繁栄と幸福をもたらすとされています。

この大切な儀式が人生儀礼(安産祈願にはじまり、七五三、結婚式、厄年ばらいなど)最後を飾る葬儀、すなわち神葬祭となるわけです。

神葬祭の歴史

神葬祭の歴史

神道の形式によって行われる葬儀を「神葬祭」といいますが、葬儀というと一般的には仏教の専門と思われがちで、事実、仏教の形式によって行われる葬儀が大半を占めています。けれども、神葬祭はすでに仏教伝来以前からあったことが、『古事記』『日本書紀』といった古典にも記されていて、日本固有の葬法があったことを物語っています。

仏教伝来以降は、急速に仏教の形式による葬儀が普及していき、さらに江戸時代になると寺請制度(キリスト教の信仰を防ぐため、人々は誰でも必ず寺に所属しなければならないという制度)が実施されたことから、その傾向はますます強くなりました。そのような時世の中、国学の興隆によって国学者らによる神葬祭の研究も行われるようになり、神職とその嫡子に限って神葬祭が許可されるようにもなったのです。明治時代になると、一般人に至るまで神葬祭が許可されるようになり、全国へ広まっていきました。

神葬祭の流れ

神葬祭の流れ

神道の葬儀である「神葬祭」は帰幽報告(きゆうほうこく)の儀にはじまり、枕直し(まくらなおし)、納館(のうかん)、通夜祭(つうやさい)、葬場祭(そうじょうさい)、発柩祭(はっきゅうさい)、火葬祭(かそうさい)、埋葬祭(まいそうさい)、帰家祭(きかさい)をもって終了します。

■帰幽報告(きゆうほうこく)
神社、あるいは神棚に向かって「○○が帰幽いたしました」と、家族の死を報告する儀式です。帰幽報告の儀の後、神棚、霊舎の扉を閉め白い半紙を下げます。
一、枕直し(まくらなおし)
  1. 遺体に白木綿の小袖を着せ、首位を向かって右方向に安置、守り刀の刃を遺体と逆方向に向け枕もとに置きます。
  2. お供えは、「案」とよぶ白木の八足の上に三方を置き、それぞれの容器に水、塩、米、酒、故人が好んだ品々又日常の食膳をのせ、榊、ろうそくを飾ります。
  3. お供えのあと、遺族、近親者、親しい人たちが、故人の安らかな眠りを祈ります。
  4. 喪主、遺族、近親者、二礼・二拍手・〔しのび手(音をたてない)〕・一礼で行う。
二、納棺(のうかん)
  1. 遺体を棺に納め、棺に蓋をして白布でおおいます。
  2. 柩を通夜を行なう部屋に移し、祭壇の中央に安置します。
  3. 祭壇に、遺影と供物を供え柩前に着席します。
  4. 喪主、遺族、近親者、二礼・二拍手・〔しのび手(音をたてない)〕・一礼で行う。
■柩前日供(きゅうぜんにっく)
これは納棺から出棺までの毎日行われるものです。毎日朝夕の2回、故人の好物であった常饌を柩の前に供え、喪主・遺族が拝礼します。故人の使っていた食器、箸も添えて祀ります。この場合の拝礼は、二礼二柏手〈しのび手)一礼で行います
三、通夜祭、遷霊祭
霊璽

通夜祭は近親者によってお葬式の前夜に、夜を通して行われます。前夜祭は死亡後、葬儀を行うまでの間、遺体のあるところで生前同様に礼をつくし手厚く行う儀式です。

遷霊祭では亡くなられた方の御霊を霊璽(れいじ)といわれる白木の「みしるし」に遷します。霊璽には霊号、おくり名が記されしばらくの間は仮御霊舎に安置されます。また通夜祭にて悲しみや慕いの気持ちをこめた「祭詞」を申し上げ、遺族の方は「玉串」を捧げてお参りします。

四、葬場祭、発柩祭
神主

故人に対し最後の訣別を告げる最大の重儀である(告別式)。弔事の奉呈、弔電の奉読などが行われる。

発柩祭は葬場祭終了後、火葬場に葬送することを柩前に奉告する祭儀。出柩の際霊璽は火葬場に持参しない。

五、火葬祭

遺体を火葬に付する際に行われる祭儀。

六、埋葬祭

墓所を祓い清め遺骨を埋葬した後に行われる祭儀。事情により当日中に埋葬できない場合は日を改めて行うが、出来るだけ五十日祭までに納骨するのが望ましい。

七、帰家祭(きかさい)

火葬場または墓所から戻り、塩・手水で祓い清めて霊前に葬儀が滞り無く終了したことを奉告する。

■金封の水引き・表書き
神式の葬儀の場合、表書きは、「玉串料」「御榊料」「御供物料」「御霊前」などと書きます。水引は黒白・黒白銀、黄白、双銀にて、結びは結切りか鮑結びが基本です。
また水引なしの無地白折を使用する場合もあります。
神式の場合は、蓮の花の絵柄の不祝儀袋は使いません。表書きは必ず薄墨で書きます。
水引きより上に表書きをして、水引きの下中央に、自分の名前をフルネームで書きます。連名の場合は、表に名前を書くのは3名ぐらいまでです。それ以上の場合は、「○○一同」などと書き、別紙に全員の名前を書いて中包みの中に入れます。

※ここでは、西野神社の葬儀に関して記載しましたが、地域の習慣により違いがあることをご理解下さい。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社