人生のまつり

七五三参り

・七五三参り

七五三参り

十一月十五日に、三才の男女児、五才の男児、七才の女児が晴着を着て、親子そろって神社にお参りし、子供の成長を神さまに感謝し、これからの無事を祈ります。

七五三は、この年頃の子供の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、代表的なものは、三才の「髪置」、五才の「袴着」、七才の「帯解」の祝いです。「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また男児は「袴着」で袴を着始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。つまり形式的にではありますが、七五三を終えて、晴れて一人前として扱われるようになったのです。

七五三参りは昔は数え年で行いましたが、今では満年齢で行うことが多くなりました。

・十三参り
十三参り 数えで十三才になった少年少女が神社にお参りするものです。昔は、男女ともに十三才が、正式な成人式を迎える前段階の重要な年と考えられていました。関西地方ではさかんに行われています。
・入学・卒業・就職の奉告
成長に合わせた人生儀礼の他に、入学・卒業・就職など生活環境が変わるときも、人生の大きな節目です。
神さまの御加護をいただき、無事に過ごせるようにお願いしましょう。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社