人生のまつり

お食初め

・お食初め

お食い初め

生後百日め頃に、大人と同じ食膳を用意して、赤ちゃんに食べさせるまねをさせます。百日めの祝いということから、モモカの祝いとか、初めて食べさせることから、ハシゾメ・ハシゾロエとも言います。

お食初めには、赤ちゃんが一生幸福に育ち、食べるものに困らないようにとの親の願いが込められています。

食膳には赤飯のほかに、鯛などの尾頭付きの焼魚が付けられますが、これには、柔らかな赤ちゃんの頭が早くしっかりしますようにとの意味があります。また、海や川から拾ってきた小石を食膳にのせるところも多いようですが、これは子供の歯が丈夫になりますようにとの意味からです。

初節句

・初節句

雛祭り

雛人形

三月三日の雛祭りは女児の節句で、雛人形を飾り、白酒・雛あられ・菱餅を供え親しい人を招いて祝います。雛祭りは、桃の節句、弥生の節句とも言われます。

雛人形
古くは人形(紙で人を形どったもの)で体をなでて身の穢れをそれに負わせ、海や川に流す風習でした。この人形と飾って遊んだりする人形が結び付いて、雛祭りになったのです。

端午の節句

端午の節句

五月五日の端午の節句は男児の節句で、鯉幟・菖蒲・武者人形などを飾り、粽・柏餅を供えて祝います。

鯉幟・武者人形・兜
菖蒲と尚武が同音であることから、五月五日が男の子の節句となりました。立身出世しますようにと鯉幟や、強さを意味する武者人形が飾られるようになったのです。
菖蒲湯
五月五日に菖蒲の葉を風呂に入れて入浴する風習です。
菖蒲は昔から薬草で、風邪を払って心を清め、火災を除くと信じられています。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社