人生のまつり

着帯の祝いと安全祈願

・着帯の祝いと安産祈願

安産

子宝に恵まれたことを神さまに感謝し、妊娠5ヶ月の戌の日に着帯の祝いを行います。

戌の日が選ばれるのは、犬の安産にあやかるためと言われ、妊娠は赤ちゃんが岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた「岩田帯」をします。そして、母体の安全と無事に赤ちゃんが生まれてくることを願って安産祈願をします。

  • 地方によっては、産土さまに安産祈願のお参りをした時に、境内にある小石を持ち帰ってお守りにし、お七夜が過ぎると元の場所にもどしに行く風習があります。
  • 安産狛犬 当社では、お祀りする神さまの、安産の御神徳をいただき、安産祈願におこしの皆さんに『安産狛犬』を授与致しております。これを出産まで神棚などにお供えして安産を祈願し、出産後は赤ちゃんの生年月日と氏名を記入して、初宮詣での折りに神社に納めていただき、納められた狛犬は、御神前に祀られ、末永く赤ちゃんの成長を、お守りいただきます。なお、御希望の方には頒布も致します。

誕生

・誕生

産湯
産湯 赤ちゃんが生まれるとすぐに産湯をつかわせます。産湯とは、産土さまのお守り下さる大地の水のことです。その水で清めることで神さまの産子(氏子)となるのです。
産着(産衣)
産湯をつかわせた後、赤ちゃんを袖や紐のない一つ身のおくるみにくるみます。そして、生後三日めになると、ミツメの祝いをして、袖のある産着を着せます。
  • 産着に麻の葉の文様を縫い付けることもありますが、これには、赤ちゃんが麻のようにまっすぐに成長しますようにとの願いが込められています。お母さんが一針一針こころを込めて縫い上げた産着は、赤ちゃんを優しく守ってくれるでしょう。産着が母方の親から送られるのは、生命のつながりを大切に考え、最も新しい生命を祝福という意味があります。
  • 地方によっては、生まれてすぐ白または空色の産着を着せ、その後、色直しといって、人間の仲間入りをさせる意味で、色のある着物を着せるところもあります。
産飯
赤ちゃんが誕生した直後に炊いたご飯を、産土さまにお供えして、そのご飯を下げていただきます。
まだご飯を食べられない赤ちゃんの分も用意するのは、神さまの御霊がこもったお下がりを分かちいただくことで、赤ちゃんが無事に育つようにと願うからです。また、産飯を親戚や見舞客など、多くの人にふるまうことは、赤ちゃんを社会的に認めてもらうという意味があります。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社