まつりのある暮らし

建築のまつり

人の一生の中で家造りは大きな出来事といえるでしょう。このため無事に家屋が完成し、住んでからも何の災いもなく、一家が幸福に過ごせるようにと、昔から様々な儀礼をおこなってきました。個人の家だけではなく社屋や店舗などの建築の際には、工事の無事と企業の繁栄などを祈願する祭典もあります。

地鎮祭

地鎮祭

建物を作る前に、その土地に鎮まる神々に建築する由を奉告するおまつりが地鎮祭で「とこしずめのまつり」「じちんさい」また地祭り、鍬入れ式などと呼ばれます。

土地の神さまをお招きして海の幸、山の幸をお供えし、お祓いのあと施主や工事関係者が、工事の無事を祈りながら、昔のならわしに従って種々の所作をおこなうことで、着工の奉告をします。

なお、ビルの建築では、その礎石を定める時に、土地神をはじめ工匠の神をおまつりして、建物が堅固となるように定礎祭をおこなうこともあります。

上棟祭

土台の基礎工事が終わり、骨組みを組み立てて棟木を上げるときにおこなわれるのが上棟祭(じょうとうさい)です。このおまつりは「棟上(むねあ)げのまつり」とも「棟上げ」「建て前」ともいわれます。

祭典では家屋の守護神および工匠の神をまつり、新築される家に災いがおこらないようにお祈りします。

本来は棟木を曳き上げる曳網の儀、棟木を棟に打ち固める「槌打の儀」、餅や銭を撒いて災禍を除く儀式がありますが、最近は棟札、幣串、破魔矢を飾り立てたお祓いがおこなわれ、式後の直会では建主が大工さんの労をねぎらいます。

近年鉄筋建築が多くなり、上棟祭のかわりに「金、銀の鋲締結式」をおこなう場合もあります。

竣功祭

立派に家が完成したことを神さまに奉告し、家庭の安全を祈るおまつりが竣功祭(竣工祭)です。一般住宅の場合は「宅神祭」「新宅祭」「新室祭」「新殿祭」「屋敷祓い」「屋祓い」などと地域によっても名称が異なります。最近は地鎮祭だけで、上棟祭や竣功祭を略してしまう家庭もあるようですが、地鎮祭で工事の無事を祈ったのですから、工事が無事に終わった時にも、感謝の気持ちを神さまに奉告すべきでしょう。竣功祭では、新居の清祓いをして、すがすがしい気持ちで入居しましょう。

その他のまつり

このほか、古屋を壊す際、井戸や池を埋めるときなど、古くから何を行う場合でも人々は、神さまに奉告し、無事を祈り作業を進めたようです。

これらの建築祭事の初穂料(玉串料)は、

供物祭壇込み
35,000円
供物建主様準備
20,000円

▲ このページの一番上に戻る

西野神社