まつりのある暮らし

私たちの生活に身近な神さまをおまつりしている神棚・・・。

だから神棚のおまつりは、毎日欠かさずに行うものです。

毎日のまつり

・神饌を供える

神棚

ところで、「おまつりといわれても、どうしていいかわからない」という方は多いでしょう。でも、そんなにむずかしいことではありません。家族みんなが毎日挨拶したり食事をとる、それと同じように神さまに接すればよいのです。

毎朝、食事の前に顔を洗い、手と口を濯いだ後、神棚の水を替え、燈明に灯をともして、神饌(神さまの召し上がりもの)をお供えします。そして「おはようございます。どうか今日も一日、家族みんなが無事に過ごせますように」とお参りすればよいのです。

毎日お供えする神饌は、お米・お塩・お水の三品で、これらがいずれも私たちが生きてゆく上で欠かせないものだからですのだからです。

また、お正月や毎月一日、家族にとって大切な日などには、このほかにお酒や野菜、果物などもお供えします。神さまはいつも私たちとともにいらっしゃるからです。

では、神さまにお供えした後、神饌はどうしたらよいのでしょうか?

それは「お下がり」として、家族みんなでいただくものです。神さまのお下がりをいただくことで、神さまの力をいただく、そんな意味があるからです。

また、いただき物や季節の初物なども、まず神さまにお供えしてからいただきましょう。

毎日のまつり

・お参りの方法

神棚をお参りする際の作法は、神社にお参りするときと同じ、二拝(礼)二拍手一拝(礼)です。

毎日、家族そろってお参りできればよいのですが、忙しい朝などはそうできないことが多いでしょう。そんなときは、一人一人が、出かける前にお参りすればよいでしょう。

また、帰宅した時や寝る前にもお参りしましょう。

つまり、神棚のお参りは。「おはようございます」「行ってきます」「ただいま」「おやすみなさい」の挨拶に併せて、毎日の平穏な生活や家族のみんなの健康を祈り、感謝することなのです。

毎日のまつり

・まつりと家族

家族がそろって、お互いの気持ちを合わせて、一日のほんのわずかな時間を神棚の前で過ごす。こうした習慣があったなら、子供たちも自然と挨拶の習慣が身につくでしょうし、家族のちょっとしたコミュニケーションの機会ともなるでしょう。

また、神棚のまつりは、お父さんまたはお母さんを中心に行いますが、子供にもなにかしら役割を与えていたいものです。たとえば、榊の水を替えるとか・・・。

小さなことでも、子供に任せてあげることが、子供の成長につながります。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社