まつりのある暮らし

日本人の生活にとって欠かすことのできない神棚・・・。

今日では、座敷や居間に神棚を設けて神さまをおまつりするのが一般的ですが、それでは、実際にどのようにして神棚をおまつりしたらよいのでしょうか。

神棚のまつり方

・神棚を設ける場所

神棚

まず、神棚を設ける場所ですが、神棚は神さまのお住まいですが、明るく清潔な場所に、南向きか東向きに大人が見上げるくらいの高さに棚を吊って設けます。

家族がいつも集まる部屋で、毎日親しみを込めておまつりのできる場所であることが大切です。また、神棚の下を人が通ったり、二階のある家では、その上を歩くことになるような場所は避けたいものです。

しかし、いまの住宅事情では、そうした場所が見あたらないことも多いですし、マンションなどでは棚を吊ることも困難なようです。

そうした家庭では、家の中の最良と思われる場所を選んで神棚をおまつりすればよいでしょう。

神棚のまつり方

・宮形をすえる

神棚を設ける場所が決まったら、次に宮形を用意して棚にすえます。

古くは、お神札を柱などに貼ったり、そのまま立て掛けておまつりしていましたが、今日ではより丁重におまつりするために、神社の形を模した宮形にお神札を納めます。

宮形の種類や大きさはさまざまで、おまつりをする場所に応じて、適当なものを選びましょう。

茅葺一社 箱宮三社 小型神棚

神棚のまつり方

・注連縄を張る

宮形をすえたら、次に注連縄を張ります。注連縄を張るのは、そこが神聖な場所であることを示す意味があるからです。

注連縄は、稲藁を左綯にしたもので、牛蒡のように細かくて太さの変わらないものを牛蒡注連、大根のようにだんだんと細くなっているものを大根注連と呼びます。

地方によって違いもあるようですが、大根注連の場合だと、神棚に向って右側に太い方がくるように張るのが一般的で、それに紙垂(四垂れまたは八垂れ)を等間隔に挟み込みます。注連縄は、細い縄で代用しても構いません。

注連縄は年末、神棚のお神札を新たしくする前に取り替えます。紙垂は、汚れたり、破れたときには取り替えるようにします。

神棚のまつり方

・祭器具をそろえる

神棚をおまつりするために必要なものに、家庭用祭器具があります。

(1)榊立 (2)瓶子 (3)水器 (4)平瓮 (5)三方(または折敷) (6)燈明
などがそれで、神具店などで求めることができます。

祭器具

榊立は、常緑でいつもみずみずしく、神の宿る木とも言われる榊を立てるために用います。

瓶子、水器、平瓮、三方(または折敷)は、いずれも神饌を供えるために用いるもので、瓶子にはお酒、水器にはお水、平瓮にはお米やお塩を盛ります。三方(または折敷)は、これらを供えるときに使います。

神棚のまつり方

・お神札を納める

お神札の納め方

さて、神棚のしつらえが終わったら、次にお神札を宮形に納めます。宮形には、
(1)伊勢の神宮のお神札(大宮大麻)
(2)氏神さまのお神札
(3)そのほかの崇敬する神社のお神札
を納めますが、その際には御神座の順位があることに注意しましょう。

たとえば三社造りの場合では、御神座の順位は中央が最上位、次が向かって右、次は向かって左となりますから、中央に伊勢の神宮、向かって右が氏神さま、向かって左にそのほかの崇敬する神社の順番でお神札を納めることになります。

旅先でいただいてきたお神札は、崇敬する神社のお神札とともに納めてもよいでしょう。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社