西野神社   御守りのご案内

 
おふだ 肌守り・キャラクター 厄除け・開運 交通安全 健康
絵馬 破魔矢・熊手 学業 縁結び その他 干支
向い干支守り
500 円
 
幅 31 mm × 高さ 72 mm
向い干支とは、自分の生まれた年に当る干支から数えて7番目に当る十二支の動物(十二支を時計周りに円状に配した場合、自分の干支と向い合わせになる動物)の事をいい、向い干支を大切にし、身辺にその柄をあしらったものを持つようにすると幸福が訪れる、と江戸時代から言い伝えられており、このお守りはその故事に由来して奉製された、持つ人の幸福が祈願されたお守りです。
干支の組み合わせにより全部で6種類あります。
また、自分にとって向い干支に当る人は、自分とは正反対の性質を持っている事から惹かれあう相性にあるといわれ、向い干支の人とは縁が深いともいわれています。
データ更新日 2013年2月15日

戻る
    ▲ このページの一番上に戻る