西野神社   西野神社のご案内

 
秋まつり速報 9月20日 19時10分更新
秋まつり写真集からもご覧ください。一部写真を追加しています。
 
9月19日 12:00 福井ばやしの様子
9月19日 13:00 昼の境内の様子
9月19日 15:30 ジャズフェスティバルの様子

9月20日 10:30 御神輿出発の様子
9月20日 12:10 朝の境内の様子
9月20日 15:00 子供相撲開催中
9月20日 16:50 田浦無想流古武術演舞奉納
9月20日 17:40 子供宮御輿渡御
9月20日 18:00 神輿渡御
9月20日 18:30 神輿宮入り
9月20日 19:10 夜の境内の様子

秋祭りのお知らせ

本年の西野神社秋まつりは、9月19日(土)・20日(日)の両日、次ページ掲載の日程により執り行われます。演芸の民謡・歌謡ショーでは、地元出身の歌手も出演して舞台を盛り上げて下さいます。


御神輿(おみこし)の渡御(とぎょ)は、時間的制約等も有り皆様方全ての地域を神幸(しんこう)することは叶いません。誠に恐縮ではありますが、7ページ掲載の順路図に表示された御旅所(おたびしょ)または沿道にてお参り下さいますようお願い申し上げます。


特に、担ぎ神輿が20日午後4時頃、勇壮に宮入りする様はきっと感動されることと思います。また、本年も昨年に引き続き子供神輿が一緒に宮入り致します。是非御家族お揃いで御参拝下さい。


なお、お祭りのご寄付につきましても総代を始め町内有志の皆様のご協力をいただきご寄進のお願いに参りますので、何卒御協力の程お願い申し上げます。5千円以上のご寄進者のご芳名は境内に掲示させていただきますので、ご確認下さい。


ご奉賛戴きました方々には、神様の御神徳を益々賜りますよう、御神符『西野神社神幸神憑之符にしのじんじゃみゆきかみよりのふ』をお頒ち致します。どうぞ居室、玄関等に貼られまして、御神輿をお迎え下さい。

 

平成21年 猿田彦命奉仕者

和田 功 様 48歳(福井南)
生まれも育ちも札幌市西区です。賃貸マンションの設計を得意としている、有限会社スキルワークスを経営されている一級建築士さんです。


 

西野神社 役員・総代
代表役員  
宮司 ……… 須浪 和弘  
   
責任役員兼総代  
総代長 ……… 佐々木 秀雄(西野中立) 副総代長・祭典部長 ……… 中川 信雄(平和第2)
副総代長……… 橋本 義雄(昭和) 副総代長……… 宮下義男(福井南)
   
総代  
監事・祭典副部長 … 木村 日出夫(西野中立) 幹事 … 三浦 敏男(昭和)
総務部長 … 町中 一雄(西野中立) 経理部長 … 高橋 長吉(平和第1)
常任委員 … 土橋 豊二(西野第1) 常任委員・総務副部長 … 大坊 健二(西野第3)
常任委員 … 山田 盛世(西野第2)  
   
総代・相撲部長 … 平田 良昭(福井) 総代 … 安井 実次(平和第2)
総代 … 加藤 佳夫(昭和) 総代 … 福井 勇雄(昭和)
総代 … 竹本 已喜男(西野第2) 総代 … 水口 利忠(昭和)
総代 … 中上 外喜男(福井) 総代 … 石井 教(福井)
総代 … 谷口 募(平和第1) 総代 … 橋本 紀比古(平和第3)
総代 … 山田 弘志(西野第2) 総代 … 橋場 俊昭(西野第1)

 

毎年秋まつりは、『敬老の日の前の土曜・日曜』となります

▲ このページの一番上に戻る

行事予定

  9月19日(土)
  刃物研ぎ実演 【拝殿横】 9:00〜17:00  
  福井ばやし奉納 【拝殿横】 11:00  
  ジャズフェスティバル 【神楽殿】 13:00〜15:00  
  宵宮祭(神楽舞奉納) 【拝殿内】 17:00  
  遷霊祭(御神輿への御霊遷し) 【神輿殿】 17:30  
  演芸(民謡・演歌ショー) 【神楽殿】 18:00〜20:00  
           
  9月20日(日)
  本祭 【拝殿内】 7:50  
  神輿渡御 【地域巡行】 9:00〜16:00  
  刃物研ぎ実演 【拝殿横】 9:00〜17:00  
  子供相撲大会 【土俵】 13:00〜15:00  
  野菜・果物販売 【第一駐車場】 14:00〜16:00  
  田浦無想流古武術演舞奉納 【神楽殿前】 15:00〜15:25  
  遷霊祭(本殿への御霊遷し) 【神輿殿】 16:00  
  還御祭 【拝殿内】 16:30  
  演芸(民謡・演歌ショー) 【神楽殿】 18:00〜20:00  
           
秋まつり写真集(平成14年〜平成20年)
お守りのご案内


西野神社祭典おみこし渡御順路図 9月20日(日)

本年より渡御の順路が変更されました。

▲ このページの一番上に戻る

演芸

■9月13日(土) 18:00〜20:00

神園さやか (日本クラウン)
栗原ちあき (日本クラウン)
はかまだ雪絵 (ガウスエンターテイメント)
城山 さとみ (コスミックエンターテイメント)
 

■9月14日(日) 18:00〜20:00
神園さやか (日本クラウン)
栗原ちあき (日本クラウン)
田代周二 (キングレコード)
城山さとみ (コスミックエンターテイメント)
 
第45回日本レコード大賞の新人賞を受賞された神園さやかさん

▲ このページの一番上に戻る

■9月20日(日)  13:00〜15:00


賞品多数準備しております。是非ご参加下さい。ただし、対象は幼児から小学生までです。

▲ このページの一番上に戻る

野菜・果物の販売

■9月20日(日) 14:00〜16:00

担ぎ神輿が20日16時頃、勇壮に宮入りするまでの間、境内の第一駐車場において、野菜・果物の販売を致します。昨年、大変ご好評をいただきましたので、今年も近隣地域の皆様方に日頃の感謝を込めて販売致します。どうぞ、お早めにお越し下さい。

▲ このページの一番上に戻る

福井ばやし奉納

■9月19日(土) 11:00

「福井ばやし」は、昭和55年に生まれました。昭和45年にふるさとの福井県を訪ねた福井町内会の人達が、「明神ばやし」(福井県丹生郡(にゅうぐん)織田町(おたちょう)にある1700年もの歴史を持つ劔神社に300年も前から伝わる福井県指定無形文化財です)を聴いて感動し、福井の町内にも是非“ふるさとのひびき”を作りたいと思ったのがきっかけでした。「福井ばやし」には“ふるさとのひびき”を通して、福井の子供達が自分の郷土を愛する人に育って欲しいという多くの人達の願いが込められているのです。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社例大祭ジャズフェスティバル

■9月19日(土)13:00〜15:00

赤坂実クインテット

トランペット&サックスそしてピアノトリオ
まさにジャズにぴったりの編成で、ジャズファンなら必ず喜びそうな懐かしいナンバーを熱く演奏します。
高橋和久(トランペット)、柿沼直人(アルトサックス)、ケーニー鷲見(ピアノ)、後藤新一(ドラムス)、赤坂実(ベース)

◎「SON AND DAD」+2

21歳、ギター&ボーカル
43歳、ギター&ボーカル
親子でもおかしくないほど年齢の離れた、西野の二人組。この日のためにユニットを結成してみました。多くの皆さんがご存知のスタンダードナンバーを予定しています。後ろにパーカッションとベースで親父が2人、参加します。
平岡徹也(ギター&ボーカル)、松尾しゅういち(ギター&ボーカル)、橋本義幸(ベース)、吉田忠則(パーカッション)

◎エンジェルハープ アンサンブル

エンジェルハープとは、“天使の羽”の形をしている、膝に乗せて弾くことができる28弦の小型のハープです。当日は、皆様に耳馴染みの曲をお届け致します。優しい音色のアンサンブルをお楽しみ下さい♪
小野寺 みゆき 熊井 芳美 佐藤 智子 田頭 奈津子

▲ このページの一番上に戻る

日本古流の秘伝
■9月20日(日)15:00〜15:30

田浦無想流古武道棟梁・井之久保瑞兆は、家伝の刀術、槍、小手手裏剣・脛手裏剣、立鎌術、柔術、その他、自衛隊で習得した拳銃操作とこれに対する対処の仕方、危機管理意識の向上及び教外伝として釵術、十手術また少林寺流空手道錬心館の研究成果の活用の必要性から、平成元年に日本総合武術研究会の準備に掛かり、平成5年に札幌市南区真駒内にその本部を開設し発足させました。

▲ このページの一番上に戻る

刃物研ぎ実演

19日(土)20日(日)9:00〜17:00
西野神社境内にて
  ※込み合いますのでお早めにご持参下さい。

荒砥・中砥・仕上げ・皮砥とグラインダーなどの機械を使わず、昔ながらの手仕事で研ぎます。

ご家庭用 はがね包丁 ステンレス包丁 
キッチンはさみ 草刈り鎌など
趣味・専門 彫刻刀 たちばさみ 
ラブレス/バック等高級ナイフ 剪定ばさみ
業務用 蕎麦切り刃 利用ばさみ ナタ 
ノミ カンナ 園芸用ナイフなど


1本500円から

    研ぎもの師 大 澤 酔 竿

▲ このページの一番上に戻る

子供神輿参加者募集

毎年、とても賑わいを見せている西野神社の恒例行事、子供宮神輿渡御。本年も下記要領で参加者を募集致しますので、是非ご参加下さいますようご案内致します。

子供神輿
日時

9月20日(日) 14:30〜16:00

集合場所

昭和会館(西野6条4丁目)。昭和会館で本神輿と合流して、神社まで渡御・宮入りします。今年からは神社出発ではないのでご注意下さい。(地図参照

申し込み

参加者父兄氏名・参加者氏名・性別・年齢・学年・身長・足サイズ・住所・電話番号・FAXを総代または神社社務所にお知らせ下さい。

ご不明な点については西野神社社務所までお問い合わせ下さい。

TEL 661−8880

その他

半纏(はんてん)・帯・足袋(たび)はお貸し致します(クリーニング代1000円お納めいただきます)。半纏の下に着る物は、鯉口(こいぐち)シャツ、股引が望ましいが、ティーシャツ、スパッツ、短パンも可。当日までに3回ほど神社社務所で練習をします。

▲ このページの一番上に戻る

お稚児さん参加者募集

集合

9月20日(日)7:30 神社境内

午前9時から午後2時30分まで車で移動。最後の宮入りの約1.2キロメートルは徒歩行列となります。長時間ですから体力を考えて申し込み下さい。昼食は西野福祉会館にて。

持ち物

着付け用「こしひも」2本、白足袋 (フリーサイズで「こはぜ」の無いもの)、着替えを入れる袋、草履(ぞうり)。なお、草履がない場合は運動靴でも構いません。

申込み

年齢の指定はございませんが、親の付き添い無しでも参加できるお子様。
負担金3000円を添えて、8月30日までに、地域の総代又は神社に申し込み下さい(9月1日以降の取り消しの場合負担金はお返しできません)。
保護者氏名・稚児氏名・年齢・性別・身長(1m30pまで)・住所・電話番号をお知らせ下さい。

▲ このページの一番上に戻る

奉納募集

毎年、境内を賑々しく盛り上げるために、氏子崇敬者皆様の名入りの長型ビニール提灯(白地に黒文字、34×63cm)を掲げておりますが、本年も新たに募集を致します。ご賛同ご奉納希望の方は、下記参考の上お申し込み下さいますようお願い申し上げます。また、昨年ご奉納いただいた皆様にも継続奉納いただけますようお願い申し上げます。

奉納申込

奉納者の名前(個人名もしくは法人名)、住所、電話番号、提灯に記す名前をお教え下さい。

奉納金額

申込時に10,000円(5年間破損保障)。2年目以降は維持費として3,000円。

奉納期間

毎年秋まつりの2日間と、年末年始の4日間(12月31日〜1月3日)。


 

 

▲ このページの一番上に戻る

奉納 まごころ

金5万円 藤原忠雄様
金2万円 パール工芸印刷(株) 前鼻多美夫様
節分舞台足場一式 川口建設(株)様
演芸舞台簡易階段 滝川工務店様
合歓木(ネムノキ) 東家寿楽様
菖蒲 金澤宮蔵様
紫陽花 永沼貴美子様、近藤重機様、島田様、越澤弘子様
紫陽花水墨画 三村克彦様
提灯 安藤商店様、コンパスクロシマ様
正月、どんど焼き、
お祭りの臨時駐車場の提供
森芳子様
歳旦祭・秋祭りお供え用鯛 株式会社山崎水産様
節分豆撒き、餅つき奉仕 「総代会」「萬燈會」「神力會」
節分餅撒き用餅米 横山芳子様、石井明子様、中上外喜男様、平間健様
七夕まつり人形劇・紙芝居奉仕 おもしろ舞台 久保田泰伊様他
秋祭り撒き餅 (株)秋月様
年末煤払い奉仕 御輿会「神力會」
毎朔日清掃奉仕 「敬神婦人会」

その他、玉串料、献酒等皆様のまごころ、心より感謝申し上げます。

▲ このページの一番上に戻る

伊勢神宮式年遷宮奉賛のお願い

日本の総氏神様である天(あま)照(てらす)大御神(おおみかみ)様をお祀りし、全国の神社が本(ほん)宗(そう)と仰ぐ、三重県伊勢市に鎮座する「伊勢神宮」では、社殿を新しく造り代え御装束・御神宝一切を新調して神様に新殿へとお遷りいただく、二十年に一度のおまつり「式年遷宮」が、来る平成25年の秋に行われます。つきましては、この伝統文化を未来へ継承するために、皆様方のまごころを宜しくお願い申し上げます。ご奉賛金は、社務所で申し受け致しております。

▲ このページの一番上に戻る

 

本年7月、西野神社の幣殿(本殿と拝殿の間に位置する社殿)の正面上部に、新たに、獅子と牡丹の木彫が取り付けられました。

百獣の王と云われる獅子にも弱点があり、身体に寄生する虫によってはその命をも脅かされる事があります。これが俗に“獅子身中の虫”といわれるもので、「どんなに大きくて力のあるものでも、内部の裏切りから身を滅ぼす事にもなりかねない」という意味なのですが、その“獅子身中の虫”を活動させないためには薬を飲まなくてはならず、その薬となるものが百花の王である牡丹の花に溜まる夜露といわれています。そういった謂れから、古来から獅子は牡丹の花から離れられないともいわれ、獅子と牡丹の組み合わせが縁起もの・厄除けとして広がるようになり、「獅子と牡丹」という構図は、古い屏風や襖絵などの絵画にもよく見られるのです。

当社でも、以上のような故事を鑑みて、「獅子と牡丹」という構図を今回の木彫に採用させていただくことになり、東京の浅草と北千住に工房を構える木彫師の宗舟さんに彫っていただきました。

なお、この木彫の他干支十二支の木彫りを見学ご希望の方は、直接社務所までお越し下さい。社殿で神事が行われている時でなければ、いつでも(但し午前9時〜午後4時半まで)無料で拝観できます。

 

▲ このページの一番上に戻る

駐車場のご案内

路上駐車は交通の妨げになりますので、駐車場に駐車されますようお願い致します。

ただし秋まつり期間中、第1駐車場はご利用に時間制限があり、また第2駐車場は、露店出店のため終日ご利用できません。秋まつり期間中は第3駐車場もしくは臨時駐車場をご利用下さい。


▲ このページの一番上に戻る

    ▲ このページの一番上に戻る