地鎮祭

竣工祭

最近は地鎮祭だけで、上棟祭や竣功祭を略してしまう家庭もあるようですが、地鎮祭で工事の無事を祈ったのですから、工事が無事に終わった時にも、感謝の気持ちを神さまに奉告し家庭の安全を祈るべきでしょう。一般住宅の場合は「宅神祭」「新宅祭」「屋祓い」などと地域によっても名称が異なります。新築の家に限らず増改築、マンション、中古の家を購入した際も清祓いをして、すがすがしい気持ちで入居しましょう。

竣工祭式次第

1.修祓(しゅばつ)
神棚、参列者、お供え物を祓い清める祭儀。お祓いの言葉を奏上する間は、深く頭を下げ、お祓いを受けるときは軽く頭を下げましょう。
2.一拝(いっぱい)
祭事開始の一礼です。神主に併せご一緒にご一礼下さい。(神棚がある場合)
3.降神(こうじん)
この家の棟木に鎮まる神様、工匠の神様、地域の神様をお迎えする厳粛な祭儀。
神職が「オオー」と警告するので、頭を深くさげましょう。(神棚がある場合は行わない)
4.献饌(けんせん)
神職が神前のお供えを、神様にお召し上がりいただくために、御神酒と水の蓋を取ります。
5.大祓詞奏上
 (おおはらいしそうじょう)
お祓いの言葉奏上
6.清祓(きよはらい)
神職、建主が建物の各部屋のお祓いをする。
7.祝詞奏上(のりとそうじょう)
無事に工事が竣工したことへの感謝と家内安全を祈願します。
8.玉串拝礼(たまぐしはいれい)
神前に玉串を捧げ工事の安全を祈ります。
※受け取った玉串は、時計回りに回して根本を神様に向けて祭壇にお供えします。その後2礼(深く二回お辞儀をする)2拍手(2回柏手を打つ)1礼(1回深くお辞儀をする)最後に軽く礼をして下がる。
9.徹饌(てっせん)
神職が御神酒と水の蓋を閉じお供え物をお下げする。
10.昇神(しょうじん)
神様に元の座へお戻りいただく祭儀。
神職が「オオー」と警告するので、頭を深くさげましょう。(神棚がある場合は行わない)
11.一拝(いっぱい)
祭事終了の一礼です。神主に併せご一緒にご一礼下さい。(神棚がある場合)

※屋祓いはできるだけ引っ越し前に家族揃ってお参りされるのがよいでしょう。
どうしても都合が悪ければ引っ越しが終わって落ち着いてからお祓いを受けましょう。

▲ このページの一番上に戻る

西野神社