神道いろは

神前結婚式でおこなわれる三三九度の盃について教えて下さい。

神前結婚式では、三三九度と呼ばれる、新郎新婦が酒盃を取り交わすことによって夫婦固めをなすという儀式がおこなわれています。 三三九度とは、酒盃を取り交わす回数を表したもので、酒を一杯飲むことを一度といい、三杯(三度)飲むことを一献として、これを三献つまり九杯(九度)酒盃を戴く作法をいいます。これは式三献と呼ばれ、平安時代、すでに公家の酒宴の作法として見られたことであり、婚礼以外でも、加冠や元服などの祝儀や、節会の宴席においておこなわれていました。

武家の礼法である小笠原流の婚礼式にもこの作法は見られ、陰の式として白装束を着けて三三九度をおこなった後、陽の式では色の装束を着け、三三九度をおこないます。この詳細は、陰の式では、新郎が初めに一の盃で三度酒を飲み、次に新郎が二の盃で同じく三度酒を飲みます。さらに三の盃で新婦が三度酒を飲みます。陽の式ではこの逆に、一の盃が新郎、二の盃が新婦、三の盃が新郎といった順序になります。

現在の神前結婚式は、我が国の伝統的な婚礼の形を継承したものであるため、三三九度はこの重要な行事となっています。神社本庁選定による『諸祭式要綱』では神酒拝戴の作法として、まず一の盃では新郎が一度、次に新婦が一度飲み、二の盃では新婦、新郎の順にそれぞれ一度飲み、三の盃では新郎、新婦の順に一度づつ戴くとあります。また付記には正式な作法として、一の盃を新郎、新婦、新郎と一度づつ飲み、二の盃を新婦、新郎、新婦の順で、三の盃を新郎、新婦、新郎と合わせて九度の酒盃を進める三三九度の作法が記されております。

丁重なる作法により御神酒を戴く三三九度は、婚礼をさらに厳粛なものとするとともに、恩頼(みたまのふゆ)を戴くことにより、家庭円満と子孫繁栄を願う大切な儀式といえます。

神社新報 『神道いろは』より転載

平成十一年十二月十三日

第二五三四号

▲ このページの一番上に戻る

西野神社