教育勅語

教育勅語の構造

〔前段〕

一、
朕惟フニ、我カ皇皇宗、国ヲ肇ムルコト宏遠ニ、徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
(歴史の古さと道義国家)
二、
我カ臣民、克ク忠ニ、克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ、世々ノ蕨ノ美ヲ済セルハ、此レ我カ国体ノ精華ニシテ、教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス
(日本教育の源が、国民共同体の歴史的事実にあることを言う)

〔中段〕

三、
爾臣民、父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ
(家族の道徳)
四、
朋友相信シ
(友人間の道徳)
五、
恭倹己レヲ持シ、博愛衆ニ及ホシ、学ヲ修メ、業ヲ習ヒ、以テ智能ヲ啓発シ、徳器ヲ成就シ
(個人としての修養、自己の人間形成)
六、
進テ公益ヲ広メ、世務ヲ開キ
(社会人、市民としての道徳)
七、
常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ
(国民としての道徳)
八、
一旦緩急アレハ、義勇公ニ奉シ
(国家非常の際の道徳)
九、
以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
(運命共同体としての日本人のあり方)
十、
是ノ如キハ、独リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス
(忠良の臣民)
十一、
又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン
(祖先の遺風)

〔後段〕

十二、
斯ノ道ハ実ニ
(真実の道)
十三、
我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ
(過去から)
十四、
子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所
(未来へ)
十五、
之ヲ古今ニ通シテ謬ラス、之ヲ中外ニ施シテ悖ラス
(道徳の普遍妥当性)
十六、
朕爾臣民ト倶ニ、拳拳服膺シテ
(天皇も率先して)
十七、
咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
(国民帰一、無我の精神)

「ココロのたからもの」

お父さん、お母さん。そして未来を担う子供たちへ

近年、子供たちの犯罪やルールを無視した行為が大きな社会問題となっていますが、子供たちにもう少し人をおもいやる優しさ労りの気持ちが有れば、学級崩壊やいじめの問題なども起こらないだろうと、残念に思われます。

このしおりはそんな子供たちに私たちの祖先がまもり伝えてきた日本人の生き方を、教育勅語に記された十二の徳目を通して伝えようとするものです。

その内容は、それぞれの徳目に込められた道徳観を、私たちの身近な暮らしの中から紹介し解説したもので、子供たちにもカンタンに理解できる内容になっています。また子供だけでなく両親にもこれらの問題を真剣に考えていただくよう、各項目の最後に「お父さん、お母さんへ」を記しています。

ぜひ、親子で読んでいただき日本人の道徳心を取り戻すきっかけとしたいものです。

内容

一、
孝行
子は親に孝養をつくしましょう
二、
友愛
兄弟、姉妹は仲良くしましょう
三、
夫婦の和
夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
四、
朋友の信
友達はお互いに信じ合ってつき合いましょう
五、
謙遜
自分の言動を慎みましょう
六、
博愛
広くすべての人に愛の手をさしのべましょう
七、
修学習業
勉学に励み、職業を身につけましょう
八、
智能啓発
智徳を養い、才能を伸ばしましょう
九、
徳器成就
人格の向上に努めましょう
十、
公益世務
広く世の人々や社会のためになる仕事にはげみましょう
十一、
遵法
法律や規則を守り、社会の秩序に従いましょう。
十二、
義勇
正しい勇気を持って、国のためにをつくしましょう

その他、鎮守の森、神棚、国旗、国歌から成る

体裁

B6判オールカラー30頁

頒価

希望の方に無料で頒布致します(実費130円)

▲ このページの一番上に戻る

西野神社